今日の極細葉系中間種

0
    草姿今まで色々な品種の多花について取り上げてきましたが、中間種だけ無かったんですよね〜。

    他では分かりませんが、私のところでは、黄花中間種で年間1条当たり3本が最多で、その他では同2本が最多でした。

    これ以上はその性質から難しそうで、実際に出ていませんでした。

    それで、もうそろそろネタは出尽くした感が漂っていましたが、何故かあるんですよね〜・・・。

    写真は極細葉系の選抜株です。

    選抜と言ってもオレンジプリンスの特別優良株とは違って、この系統の中で花立ちと花色が悪い個体以外の株と言った感じです。
    花芽の様子つまり、特別良い株を選んだつもりではないと言うことです。

    それでたまたま花立ちを確認していたら、1葉から2本花芽が出ていました。

    正確には、もしこの花芽が咲いたなら、1花茎2花咲きになります。

    これが咲いたらかなり珍しいです。

    ストレリチアの枝咲きは今まで聞いたことが無いですから。

    ただ、今のところ後から出た花芽は中身を伴っていません。表皮だけと言った感じです。

    よって、これで終わってしまう可能性を残しています。

    そうは言っても、今までこの様なことは無かったので何かあると思わせます。

    たぶん、今年の気候と大量施肥が当たったのかもしれません。

    それにしても、何故かあるんですよね・・・こういう株が・・・。


    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • ♬ ホタールのひかーり・・・
      店長
    • ♬ ホタールのひかーり・・・
      danny
    • 暦相応の・・・
      店長
    • 暦相応の・・・
      danny
    • 特別×特別=平凡
      店長
    • 特別×特別=平凡
      たま
    • 鶏群の一鶴
      店長
    • 鶏群の一鶴
      danny
    • 百聞は一見にしかず・・・
      店長
    • 百聞は一見にしかず・・・
      danny

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:1398 最後に更新した日:2020/04/07

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM