ジャンセア小型株の今

0
    草姿晩秋になって、開花後膨らんできた鞘が薄茶色に変色してきました。(右矢印と中央写真)

    いよいよ収穫です。

    写真はジャンセア小型選抜の一つです。

    春から初夏にかけて咲いた花は、その時咲いていた他の株と交配しました。

    その後、幾つか結実して鞘が膨らんできた次第です。

    矢印左は現時点では未熟です。

    鞘の様子受粉から鞘の変色までの期間が短く感じられたので、発芽能力を持った種子が収穫出来るか半信半疑でしたが、取り出した種子は良さそうな印象です。

    それもそのはず、種子が充実するまでの過程はほとんど夏だったので、つまり、最も活動的な状態で種子を実らせたので、冬よりも短い期間で熟したと言うことです。

    それで冬に熟した種子より品質が良いかもしれません。

    発芽率が高いとか・・・。

    鞘の中夏に種子が充実することは良いことばかりではありません。

    写真はこげ茶色に変色した鞘を開いたものです。

    中には種子は一つもなく、虫の糞だけが残されていました。

    これは鞘に小さな穴を開けて何らかの幼虫が侵入して、熟した種子を食べたと考えられます。

    夏らしい食害の一つです。

    考えてみればそうなんですが、ストレリチアの種子は主に冬に熟すから天敵に狙われにくい。(ネズミ以外は)

    続きを読む >>


    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 非常識と常識・・・
      店長
    • 非常識と常識・・・
      nana氏
    • 求む、農地?・・・
      店長
    • 求む、農地?・・・
      danny
    • 水の泡
      店長
    • 水の泡
      danny
    • ボーダーライン
      店長
    • ボーダーライン
      danny
    • 再利用
      店長
    • 再利用
      danny

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:835 最後に更新した日:2018/09/23

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM