習うより慣れろ

0
    全体の様子現在、自宅にあるビニールハウスでは野菜の苗を育てています(上、中央写真)。

    これらは今月に入ってから播種、その後電熱線で加温して発芽、生育を促したものです。

    この育苗箱で育っているのは、プチゴーヤ、オクラ、生食用トマト、韓国唐辛子、ハバネロ、バジル、ミニゴーヤ、ネットメロンです。

    この中で唐辛子類、メロン、オクラ等は発芽にある程度の温度を必要とします。

    発芽の様子よって、今、路地に播いても地温が低いので発芽しません。

    発芽に必要な温度になるまで待っていたら、収穫期が遅くなってしまうか、完熟までいかない可能性もあります。

    それで早く播いて苗になるまでは保護するのが一般的です。

    特に当地方は春の訪れが遅いので、適期に適当な大きさの苗を植える必要があります。

    偶発実生写真の様に播種後発芽が揃って育ってくると今年もこれでうまくいったと思うものです。

    ところがこのやり方に疑問を投げかける結果を発見します。

    それは、別の無加温ハウスではメロンが発芽しています。

    これは昨年この場所に作って収穫しなかったメロンの実が腐って種子が越冬して発芽してきたものです。

    この場所は無加温なので一切電気も灯油も使っていません。

    続きを読む >>


    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << April 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 水の泡
      店長
    • 水の泡
      danny
    • ボーダーライン
      店長
    • ボーダーライン
      danny
    • 再利用
      店長
    • 再利用
      danny
    • 足が地に着かない・・・
      店長
    • 足が地に着かない・・・
      danny
    • 花より葉!?・・・
      店長
    • 花より葉!?・・・
      danny

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:682 最後に更新した日:2018/04/23

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM