ある意味、二刀流

0
    全体の様子花好きの方にとって今年の春から初夏にかけては、つまらない季節になった事でしょう。

    自粛要請であるにも拘らず、植物園とか公園とか実質閉園ですからねぇ・・・。

    入場制限位で良かったのでは・・・。

    時間は巻き戻せないので、来年に期待と言ったところ。

    そう言う私のところでは、今年は桜は無かったものの、菜の花はあった。

    鞘の様子それで一時期季節を感じられただけでなく、メジロを招く結果に繋がった。

    菜の花と言えば、花好きの方でも開花後どうなるのか、見た事がある方は多くはないのでは・・・。

    我が家の菜の花は、四月の開花中メジロの協力もあって、開花後殆どの鞘が膨らんできた。

    それが五月下旬頃から収穫期を迎えた。

    それで今は毎日見て、収穫適期になった鞘を回収しているところ。(中写真)

    種子の様子例年なら花が咲いた時点で株を抜き取って、土作りをしたり次の播種に備える。

    その最も大きな理由は、丁度その頃小型の蛾が羽化して、それらが卵を産み付けて、後に羽化してと、蛾を養殖している感じになるから。

    その蛾の成虫はしばらく留まって生きているので、新たに播いて発芽した双葉にまで産卵、食害に・・・。

    そうなるといつまで経っても小松菜の収穫にならないので、ある時点で株をゼロにして、蛾の発生サイクルを断ち切る狙いがある。

    続きを読む >>


    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 都市伝説返上?
      店長
    • 都市伝説返上?
      danny
    • ♬ ホタールのひかーり・・・
      店長
    • ♬ ホタールのひかーり・・・
      danny
    • 暦相応の・・・
      店長
    • 暦相応の・・・
      danny
    • 特別×特別=平凡
      店長
    • 特別×特別=平凡
      たま
    • 鶏群の一鶴
      店長
    • 鶏群の一鶴
      danny

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:1459 最後に更新した日:2020/06/06

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM