得手不得手

0
    全体の様子写真は開花期、花芽伸長期真っ只中のサンゴアロエです。

    一年育ててきて、今が最も期待の膨らむ季節です。

    サンゴアロエは花を咲かせることに特別な条件は無いので楽なんですよね・・・。

    その時期が来れば咲いている様な・・・。

    ところが、花芽が複数付いて長く楽しめそうだと思っていたら、意外な結果になる事もあります。

    花芽の様子1中、下写真は伸び始めた花芽が黒く変色して垂れ下がっています。

    こうなると、開花に至る事はありません。

    「♫はい、それま〜で〜よ〜・・・。」と言ったところ。

    ストレリチアでも新芽や花芽が腐ることがありますが、サンゴアロエも例外ではありません。

    ただ、サンゴアロエの場合は頻繁には発生しません。

    花芽の様子2数年に一回見るかどうか・・・位。

    この原因はストレリチアのそれと同じと見ています。

    有機質肥料、土、自然の水等に含まれる腐敗に関係している菌が増殖したと・・・。

    その際、夜間ハウス内の気温低下で結露が起きて、その水分が芽先に溜まった事も影響したと思われます。

    どちらも幸いなことは、その花芽はだめになったとしても、株全体を腐らせることは無い事です。

    続きを読む >>


    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    2425262728  
    << February 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:989 最後に更新した日:2019/02/24

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM