白羽の矢が立つ

0
    花の様子四月下旬まで来ると当ハウスでは良い色の花は期待出来ません。

    晴れればハウス内の気温は真夏の屋外と変わらないくらい気温が上がります。

    いくらかでも空気の流れがあるところでは、多少色褪せが抑えられますが、真冬に比べたら劣るので切花にして部屋に飾ろうとは思いません。

    空気が滞るエリアの花は、花首にしても、仏炎苞にしても色褪せて、平凡な在来系統の花と区別が付きません。

    草姿系統としては、ジャンセアやジャンセアの血の入ったものは、そうなりやすい印象です。

    その様な状況から、今ハウスを見回っていても花色をじっくり見ることはありません。

    その花が交配出来るかどうか、ネズミに食われていないかの確認くらいです。

    その様な中、花首の赤い花が現れました。

    この時期としては非常に珍しい。

    続きを読む >>


    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << April 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 水の泡
      店長
    • 水の泡
      danny
    • ボーダーライン
      店長
    • ボーダーライン
      danny
    • 再利用
      店長
    • 再利用
      danny
    • 足が地に着かない・・・
      店長
    • 足が地に着かない・・・
      danny
    • 花より葉!?・・・
      店長
    • 花より葉!?・・・
      danny

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:682 最後に更新した日:2018/04/23

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM