石の上にも三年?・・・

0
    全体の様子1年苗の植え付けを終えて、やっと正月気分かと言いますとそうではなく、今、急ピッチで選抜と淘汰を行っています。

    その中で特に淘汰を積極的に進めています。

    以前、優良系統レギネー種であっても切り花栽培の場合、2〜3割の処分株があると触れましたが、総合的に良い株を残す場合はもっと処分株の割合が多くなります。

    系統1今までは残すか処分かの線引が切り花栽培の基準に近かったのですが、それでは残す株が多くなってスペースが足りないので、基準を少し引き上げてちょっと良い株くらいなら処分にしました。

    上写真はゴールドクレスト若株群ですが、これらも例外ではありません。

    右隅に寝転んでいるのが最近淘汰した株です。

    総合的に良い株としてなので、花が咲いている株しか判断出来ませんが、それでもいくらか掘り上げてスペースが出来ました。

    系統2このグループで淘汰を進めた理由は、ここがハウスの中で最も日当たりが良いことと、他に植えたい苗があったからです。

    それはジャンセア優良株を目的にした特別な苗です。

    優良系統ジャンセア苗なら今、販売していますが、それらとは別系統です。

    今販売中の優良系統苗は、仏炎苞の色が「紫赤色」を目指したものであるに対し、これらは「赤色」を目指したものです。

    紫赤でも、単に赤でも似た様なものだと思われるかもしれませんが、違いが出せる可能性があったので、そこを目指したと言うことです。

    幸いなことに今から8年くらい前に、仏炎苞が赤くてタイプの違う花が数株咲いたので適当に交配して、赤色系の中で二系統の苗を作ることが出来ました。(中央写真と下写真)

    ただ、たくさんは作れなかったので、今まで販売したことはありません。

    これらの苗が将来咲いた時に選抜して、赤色系親株として使うつもりです。

    それで紫赤色系と赤色系の二系統の優良株が出来る予定です。

    今回大きな鉢へ植えるのではなく、地植えにした理由は、早く育てて開花させるためです。

    ジャンセアはとにかく時間が掛かる植物なので、時間短縮を狙っています。

    ただ、ジャンセアの場合地植えの効果が現れるのは二年目からなので、とりあえず今年は根を張って養分を吸収出来る様になってもらいます。

    それでもこれらの苗の開花は早くて三年後か・・・。

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 水の泡
      店長
    • 水の泡
      danny
    • ボーダーライン
      店長
    • ボーダーライン
      danny
    • 再利用
      店長
    • 再利用
      danny
    • 足が地に着かない・・・
      店長
    • 足が地に着かない・・・
      danny
    • 花より葉!?・・・
      店長
    • 花より葉!?・・・
      danny

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:766 最後に更新した日:2018/07/16

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM