偶発未詳

0
    全体の様子気温も花も虫も秋らしくなってきた今でもストレリチアの採種を行っている。

    昨シーズン、早く交配したものは大体収穫を終え、今はレギネーの遅く咲いたもの、中間種、ジャンセアになった。

    各種まだ青い鞘もあるので、しばらく収穫は続く。

    やはり、冬場、開花交配から種子が熟すまでは時間が掛かって・・・。

    写真は、極細葉系中間種中型選抜で、この株も今収穫しているところ。

    草姿この株は以前、株元から実生苗が発生したと取り上げた。

    その後、そのままにしておいたら育って今では中苗位に・・・。(上写真円内、下写真)

    問題は何が出てきたか、ですが、種類の推定は出来る様になった。

    それは、「レギネー種」。

    今の葉の大きさから、橙色花の確率が高い。

    それ以上は分からない。

    そもそも、この苗がどうして生えてきたかですが、この株に自家受粉で種子が付いて、それがこぼれ落ちて発芽したと見ている。

    極細葉系とは、最初の頃のオレンジプリンス特別優良株とジャンセア特別優良株との交配。

    その自家受粉と言う事は、遺伝的に分離して親株系の何かが出てきたと考えます。

    今回は、ジャンセアでは無い事がはっきりしたので、レギネー側と言う事に・・・。

    そのレギネーであっても、どこまで分離するのかが分からなくて・・・。

    つまり、第一候補としてはオレンジ・・・ですが、その親(親株似)まで行ってしまうのではないかと・・・。

    ちなみにオレンジ・・・の交配親は、橙色在来系統とゴールドクレスト。

    在来系統はそれ以上遡れない。

    ゴールド・・・・側は、黄色花原種A株と同B株との交配。

    今回は黄色花は無いと仮定すると、オレンジ・・・か在来系統。

    問題は、親に似ていない場合もあるので、可能性の幅は広い。

    ただ、今回の苗が仮にオレンジ・・・だったとしても、特別優良株の確率は低いと考えます。

    良くて平凡なオレンジ・・・。

    何故かと言えば、今までの経験から・・・。

    特別優良株を増産出来ていない現状から、ご理解いただけると

    ・・・。

    関連する記事
    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 時代に合った・・・
      店長
    • 時代に合った・・・
      danny
    • 買い時
      店長
    • 買い時
      danny
    • 餅は餅屋
      店長
    • 餅は餅屋
      danny
    • 都市伝説返上?
      店長
    • 都市伝説返上?
      danny
    • ♬ ホタールのひかーり・・・
      店長
    • ♬ ホタールのひかーり・・・
      danny

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:1603 最後に更新した日:2020/10/28

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM