改悪

0
    全体の様子今、黄色花のストレリチアは、それほど珍しくなくなりましたが、優良株は希少である事に変わりありません。

    それは改良が始まってから、まだ三十年位しか経っていないから。

    たった、三十年です。

    よって、一株でも手に入れば良い方。

    希少価値があって、入手が難しいならば、自分で作ってみようと思うもの。

    葉の様子それで手持ち株で交配を行って・・・。

    植物の交配は自家受粉で大丈夫なものと、他家受粉でないと種子を付けないものがある。

    幸いな事に、ストレリチアは自家受粉でも種子は採れる。

    もちろん、播けば出てくる。

    ただ、その事=優良株が手に入る、とは行かない様で・・・。

    写真は黄色花原種A株の自家受粉株。

    上写真矢印からそれぞれ三株が該当する。

    そのうち四株は、レギネー似、残り二株は中間種似。

    何れも播種から、通常掛かる開花までの期間の倍以上経過したにも拘らず、今まで一本も花芽を付けた事が無い。

    手間暇掛けて、観葉植物作ってどうすんだって話。

    興味深いのは草姿で、レギネー似のものは葉形が披針形で揃っている事。(下写真)

    それと、草丈が40〜50cmで揃っている事。

    原種同士の交配では、色々な面でばらつきが大きいのに、なんでこうなるのかと・・・。

    性質面では、一般的なレギネーより弱々しい。

    多肥にしても旺盛に育たない。

    葉に触れると、簡単に折れてしまうとか・・・。

    もう一つの中間種似のものは、一般的にレギネーの種を播いて中間種似が出てきた場合、交配の時、ジャンセアの花粉が付いたかもと考える。

    ところが、この場合は、自家受粉なのでその可能性は低い。

    ただ、私が交配後、虫とか何らかの生き物が花粉を運んだと言われたら、完全には否定出来ない。

    ただ、播種の結果、レギネー似の割合が高い事から違うんじゃないかと・・・。

    つまり、変化したと・・・。

    花が咲けばもっと議論は深まるものの、そうではないので、

    ♫ はい、これまぁ〜で〜よ〜・・・と。

    関連する記事
    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 都市伝説返上?
      店長
    • 都市伝説返上?
      danny
    • ♬ ホタールのひかーり・・・
      店長
    • ♬ ホタールのひかーり・・・
      danny
    • 暦相応の・・・
      店長
    • 暦相応の・・・
      danny
    • 特別×特別=平凡
      店長
    • 特別×特別=平凡
      たま
    • 鶏群の一鶴
      店長
    • 鶏群の一鶴
      danny

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:1458 最後に更新した日:2020/06/05

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM