怪我の功名

0
    全体の様子当ハウスでは、今、橙色花系君子蘭が花盛り。

    写真株はピークか、ピークをやや過ぎた位。

    咲き始めが早いのは黄色花で、その少し後、橙色花が続く。

    うちでは低温越冬なので、開花は今頃になるんですよね。

    過去一番の暖冬でも変わらなかった。

    それは日照条件の良い場所であっても・・・。

    花の様子写真株は、今年の3月16日に掲載した、発芽済みの種があった実を収穫したその親株。

    この系統は、橙色在来系統に黄色花を掛けたもの。

    それで、花色が薄いと言うか、中間色に・・・。

    ただ、これは自分で交配したものか、そう言う株を買ったものか、記憶が定かではない。

    今は、この株に先に咲いた黄色花を掛けて、黄色花君子蘭を作っている。

    その結果は、多分、一花茎に多くの花を付けるタイプになる見込み。(下写真を黄色花にした感じ)

    そうなったとしても、今の君子蘭のレベルに比較して、高評価は受けないはず。

    マニアの方に見せて、「まぁ、いいんじゃない。」と言われる程度かと・・・。

    それでも、ホームセンターや園芸店で売られている黄色花君子蘭よりは良いはず。

    それは、意図を持って交配しているから。

    もし、「世界一」と呼ばれる黄色花が生まれる事があるとすれば、突然変異でも期待するしかありません。

    親が親ですからねぇ・・・。

    上写真では株が増えて大株になった様に見えますが、実はこれは一株ではなく、同じ系統を複数置いておいたら活着したもの。

    それで、タイプの違う花を咲かせる。

    これらは一時、凍害に遭わせてしまって、緊急避難的にストレリチアハウスに置いておいた。

    そうしたら、根付いてしまって・・・。

    君子蘭は粒状土に植えないと良く育たないと書かれている本を見た事がある。

    しかし、この場所は粘土までは行かないものの、そんな高級な土じゃありません。

    それでも、予想に反して良く育ってしまって・・・。

    その証拠に無遮光でも葉焼け無し。

    私自身、その凍害が無ければ、これに気が付かなかった。

    よって、失敗で学ぶ事は多いんですよね・・・。

    関連する記事
    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 都市伝説返上?
      店長
    • 都市伝説返上?
      danny
    • ♬ ホタールのひかーり・・・
      店長
    • ♬ ホタールのひかーり・・・
      danny
    • 暦相応の・・・
      店長
    • 暦相応の・・・
      danny
    • 特別×特別=平凡
      店長
    • 特別×特別=平凡
      たま
    • 鶏群の一鶴
      店長
    • 鶏群の一鶴
      danny

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:1458 最後に更新した日:2020/06/05

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM