先手

0
    全体の様子二、三日前、冬の間無加温ハウスに置いていた花蓮の容器を見たら、新芽が伸び始めていた。

    それ以外に、同ハウス内でニラが収穫間近まで伸びていたり、冬の間、底にいたメダカが水面に来ていたり、生き物の活動が活発になってきた。

    それで例年以上に季節が進んでいる事に気が付いた。

    ちなみに例年では、蓮の芽が出るのは四月に入ってから。

    花芽の様子当地方の園芸(寒さに強いもの)は今月中に作業を終わらせておきたいので、予定を変更して昨日鉢植え植物の植え替えを行った。

    それで主なものに関しては、作業を終えた

    今後は活着して、最初の施肥を待つのみ。

    その様な中、ストレリチアは遅咲き株から新たな花芽が伸び始めた状態。(上写真円内、下写真)

    すでに咲いているのは一番花。(各条、最初に伸び始めた花芽)

    今、伸び始めたのは、その条にとって二本目が多い。

    一番花が咲いてから二本目が伸び始めたとは、かなり間が空いている。

    これは早咲きとか、分散開花株では見られない事。

    これはこれで面白い。

    今、伸び始めた花芽は、このまま行くと五月開花か、六月に入るか・・・。

    ちなみに今、花芽が伸び始めるのは、遅咲き系以外に、花立ちの良い株でも無くは無い。

    レギネー種だったら、今月一杯は期待が持てる。

    ジャンセアや中間種では、一般的にこの時期、花芽の発生はありません。

    例外としては、ジャンセアの遅咲き株はレギネーと同じで今月一杯か、稀にそれ以降も花芽発生がみられる。

    よって、一般的にこの時期は、次シーズンの花芽発生に備える事になる。

    寒さの心配が無ければ、屋外へ出し、良く日に当てる事が重要。

    施肥時期は株の状態を見て判断します。

    それで、次の花芽発生時期には良い結果が・・・。

    関連する記事
    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • ♬ ホタールのひかーり・・・
      店長
    • ♬ ホタールのひかーり・・・
      danny
    • 暦相応の・・・
      店長
    • 暦相応の・・・
      danny
    • 特別×特別=平凡
      店長
    • 特別×特別=平凡
      たま
    • 鶏群の一鶴
      店長
    • 鶏群の一鶴
      danny
    • 百聞は一見にしかず・・・
      店長
    • 百聞は一見にしかず・・・
      danny

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:1395 最後に更新した日:2020/04/04

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM