計画的に・・・

0
    草姿最初に、今月は植え替え、株分けの適期です。

    予定されている方は、早めに終わらせましょう。

    それは春の訪れが遅い地域であってもです。

    今月中に行っておけば、施肥計画は、四月、六月、八月か、遅くても五月、七月、九月に間に合う。

    それで、株分けの場合、初年度から花芽を付ける事も珍しくありません。

    花の様子遅くなれば、回復が遅れるので花芽を付けるのが難しくなるか、付けても満足な花が咲かない事も・・・。

    苗の場合は、根の伸びる範囲を確保する意味でも、早めに終わらせたい。

    ストレリチアは成長が遅いので、その辺は押さえておきたいところ。

    その様な中、今でも花色が回復してきた株があります。

    それは、オレンジプリンス特別優良株小型選抜。(写真)

    ようやく、本来の色合いに近付いた。

    今シーズン、だめだったんですよね・・・。

    一つは花立ちが多くなかった事。

    それは、分けつの影響があったので無視。

    もう一つは花色の方。

    真冬でも冴えなくて。

    それは不完全燃焼と言った感じ・・・。

    この株も、秋から続く暖かい気候の影響を受けた。

    シーズン初開花から、次は良くなるか、その次はと見てきたら、春になってしまった。

    それでもまだ不十分で、本調子なら、仏炎苞の先まで元の方と同じ色合いになる。

    それでも、これだけ日が当たっていれば、並みの優良花ならもっと白っぽく写るんですが、そうならないところがこの花の優れているところ。

    昨シーズンは、小型細葉系中間種の親株として活躍してもらいました。

    今シーズンは、もう一つの特別優良株との間で種子を採る予定で、すでに交配を進めている。

    以前も触れた通りで、良いもの同士の交配だと遺伝的に分離状態になって(と思われる)どうでもいい株が多く出てくる事が予想されます。

    しかし、花立ちは良い性質が引き継がれるので、出てきた子の中で、花色の良い株があれば特別優良株の可能性がある。

    それで、あえてやってみると言う事。

    結果は総合的に、悪い方が優勢の可能性大なので、この交配で採れた種苗は売らないつもりですけどね・・・。

    関連する記事
    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • ♬ ホタールのひかーり・・・
      店長
    • ♬ ホタールのひかーり・・・
      danny
    • 暦相応の・・・
      店長
    • 暦相応の・・・
      danny
    • 特別×特別=平凡
      店長
    • 特別×特別=平凡
      たま
    • 鶏群の一鶴
      店長
    • 鶏群の一鶴
      danny
    • 百聞は一見にしかず・・・
      店長
    • 百聞は一見にしかず・・・
      danny

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:1395 最後に更新した日:2020/04/04

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM