君だけに・・・

0
    全体の様子桜の便りが増える中、当ハウスでは君子蘭が咲き始めた。

    観測史上、最も暖冬であっても、開花時期が早まる事は無かった。

    寒冬でも大体今頃咲くので、肝が据わっていると思わせる。

    写真は黄色花種と、黄色花の血の入った橙色種。

    昔作ったものなので、葉は細長い。

    黄色花種普通なら、交配を繰り返して葉幅の広い「ダルマ」選抜するところ。

    しかし、海外の君子蘭栽培家は花重視との話を耳にしてからは、花を良くする方が良いと考えている。

    それで数年前、比較的花の良い黄色花株同士で交配して、その苗が一〜二年後開花見込みまで育ってきている。

    その親株の片方は私が作ったものなので、性質は間違いない。

    橙色花種しかし、もう一方は専門家ではなく、種苗会社の通販で購入したものなので、品種名と実物が一致しているのか心配している。

    同名異種の様な・・・。

    もし、それが一致していれば、一本の花茎に多数の黄色花を咲かせる、又はボール状に咲かせるはず。

    写真株は、無遮光地植え栽培継続中。

    それを裏付けるものとして、上写真背景は、細葉系中間種とゴレンシ(スターフルーツ)。

    これで葉焼けはありません。

    茶色の葉があるのは、下葉先。

    それ以外は良い状態。

    マニアの方に言わせれば、「花は大した事無い!」かもしれません。

    それはその通りで、昨日特別な株じゃ無いと言ったじゃないですかぁ〜・・・。

    それ以外では、一花茎当りの花数が少ないのは、これ、無施肥なんですよ。

    精々周囲の鉢植えストレリチアに施肥後、水やりで流れ出た養分を吸収している程度。

    しかも、この二〜三年位はこの周辺、肥料を与えていないので、ちょっと必要なものが足りなかったんだと・・・。

    それで、今年はこの君子蘭のために肥料をやろうかと考えています。

    たまには・・・。

    関連する記事
    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • ♬ ホタールのひかーり・・・
      店長
    • ♬ ホタールのひかーり・・・
      danny
    • 暦相応の・・・
      店長
    • 暦相応の・・・
      danny
    • 特別×特別=平凡
      店長
    • 特別×特別=平凡
      たま
    • 鶏群の一鶴
      店長
    • 鶏群の一鶴
      danny
    • 百聞は一見にしかず・・・
      店長
    • 百聞は一見にしかず・・・
      danny

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:1395 最後に更新した日:2020/04/04

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM