収穫の春

0
    開花後の様子今年は社会全般的に、自粛の春かもしれません。

    完全にお金が回らなくなった業界もあって、困ったもの。

    一方、植物界では開花の春。

    それと、収穫の春。

    昨日、東京で最も早く桜が咲いたと報道された中、キングプロテア(プロテア・シナロイデス、以下プロテア)の収穫を行った。

    内部の様子これは昨年、実生で初めて開花したもの。

    開花後、切らずに株に付けたままにしておいたところ、大きさを保ったまま完全に茶色になった。(上写真)

    幾つか咲いた中、上写真ほど大きくない状態で茶色になったものもあった。

    それはだめそうだったので、大きなものはもしかしたらと期待があった。

    収穫後、半分に切って枯れた組織の基部(中写真、橙色線内)をほぐしていたら、種子が出てきた。(下写真手前)

    種子の様子それを見て、実ってたんだと・・・。

    実は、開花中、種子を採るつもりで人工交配を考えていた。

    ところが、何をどうすれば良いのか全く分からなかった。

    雄蕊ってどれ?雌蕊って?・・・。

    それで、花の咲いた株を近くに置いておけば、うまくいけば受粉するんじゃないか、と自然任せにしておいた。

    その後、形態的に目立った変化が無かったので、だめだったかもと思う毎日だった。

    それがどの様な過程を経たかは分かりませんが、とりあえず種子が採れて一安心。

    これで、一つ楽しみが増えた。

    ただ、この種子を売る事は考えないんですよね・・・。

    それは、以前海外から取り寄せた同種種子を播いてみたら、一つも出なかった事があるから。

    発芽率ゼロですよ!!。

    それも一回だけでは無く。

    あの、ストレリチアと称する植物でさえ、ちょっと悪そうな種子であっても、30〜40%は発芽するって言うのに・・・。

    プロテアの種子は、出るものはあまり高くない発芽率で出て、出ないものはゼロなんです。

    一番の問題は、見た目で判断出来無い事。

    皆、同じ感じで・・・。

    それで、とても売る気にはなりません。

    売って、夜逃げでもするなら、話は別ですが・・・。

    それより、播いて苗を得られるか・・・。

    関連する記事
    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • ♬ ホタールのひかーり・・・
      店長
    • ♬ ホタールのひかーり・・・
      danny
    • 暦相応の・・・
      店長
    • 暦相応の・・・
      danny
    • 特別×特別=平凡
      店長
    • 特別×特別=平凡
      たま
    • 鶏群の一鶴
      店長
    • 鶏群の一鶴
      danny
    • 百聞は一見にしかず・・・
      店長
    • 百聞は一見にしかず・・・
      danny

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:1395 最後に更新した日:2020/04/04

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM