看板に偽りなし?・・・

0
    草姿昨日の午後、一年苗の鉢上げを行って、重要な品種の鉢上げは終了した。

    その中の小型細葉系中間種苗ですが、大きい方から植えていって、最後の十数株は子葉から一、二枚、葉幅の小さな個体が見られた。

    それは、生育が遅れ気味。

    第一印象では、ジャンセアの小苗と見分けが付かない。

    その事から、もしかしたら、極細葉系似の個体が出るかもしれません。

    花の様子それも矮性と呼べる小さな個体が・・・。

    そうなると、花を付けるか観葉かの分かれ目になる。

    それがはっきりするのは、四年後。

    その様な中、実生で育てているうちに名札が紛失して、品種が何なのか分からなくなってしまう事があると以前取り上げた。

    それでも苗が多数ある場合は、周囲の苗と同じと言えるので、問題にならない。

    葉の様子しかし、試験交配で少数多品目の場合は諦めるしかない。

    それで何も付けないで育てていると混乱するので、今度は「不明」と言う名札を付けて育てることになる。

    =名無しの権兵衛さん・・・。

    最終的には、花と草姿を見て、その交配した時期を思い出して、これとこれの交配ではないかと予想する。

    結局、ハウスにある株でしか交配は行えないので、多分これと言ったところまでは行く。

    今シーズン、その不明株の一つが開花した。

    花は橙色。

    草姿は、葉が小さいので中間種で間違いない。

    その葉形から、細葉系の様・・・。(下写真)

    草丈は目測で、六十センチ。

    六十センチと言えば、小型に分類される。

    それは丁度昨日まで鉢上げしていた、小型細葉系中間種苗の目標位。

    イメージとしては、こう言う株を目指していたんですよね・・・。

    その苗が開花する前に、完成イメージがあるところが、自慢て言うほどではないのですが、自慢です?!

    ・・・。

    多分、誤差は小さいと考えます。

    後は、良さそうな鉢に植えていただいて・・・。

    そうすれば、部屋に置いても場所を取らず、花を楽しんでもらえます。

    関連する記事
    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • ♬ ホタールのひかーり・・・
      店長
    • ♬ ホタールのひかーり・・・
      danny
    • 暦相応の・・・
      店長
    • 暦相応の・・・
      danny
    • 特別×特別=平凡
      店長
    • 特別×特別=平凡
      たま
    • 鶏群の一鶴
      店長
    • 鶏群の一鶴
      danny
    • 百聞は一見にしかず・・・
      店長
    • 百聞は一見にしかず・・・
      danny

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:1395 最後に更新した日:2020/04/04

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM