買えた・・・

0
    苗の様子最近の気象情報で桜の開花予想を見る機会が多くなった。

    それによると、最速で来月十五日、それは平年より数日、地域によっては十日早いところも。

    それを当地方に当てはめると、四月上旬、場合によっては三月開花の可能性も。

    もし、三月だったら、観測史上最速。

    しかし、最近、少し冷え込んだり、最高気温が上がらなかったりと、当地方の春の歩みは停滞気味。

    桜の芽吹きそれでも、長期予報では相変わらず暖かで推移しそう。

    そうなると、植え替えとかこの時期の作業は先送り出来無い。

    ある意味、追い込まれている状況。

    その様な中、ちょっと花木苗を買ったわけですが・・・。(上写真)

    気象情報では、一年を通してその季節の花を取り上げている。

    藤の葉芽それで、もうそんな季節になったのかと思わせる。

    それでは我が家はどうだろかと見てみるわけですが、無いものもある。

    それでその都度、他人に頼んで写真撮らせてもらうのも面倒なので、一般的な花木を買った次第。

    今回買ったのは、桜と藤

    その品種は、「河津桜」と「黒龍」

    桜だったら、ソメイヨシノだろっと突っ込みが入りそう・・・。

    しかし、ソメイヨシノこそ何処にでもあるし、それをやる位なら、サクランボ育てた方が増しと言う価値観から・・・。

    桜と言えば、以前は年越し辺りから沖縄の「寒緋桜」を取り上げる事が多かった。

    しかし、最近は何処を見ても「河津桜」で・・・。

    それを見て、良いかんじだなぁ・・・と。

    色がちょっと濃くて。

    それで思わず・・・。

    藤はあまり拘りは無かったのですが、「一才藤」だと普通過ぎて、そうかと言って長い花房の「九尺」だと置き場所が困りそうなので無難なところを・・・。

    以前、冬場は凍害の心配があるので観葉もの(熱帯植物)は買えないと取り上げたことがある。

    しかし、冬には冬の・・・がある。

    それが落葉樹。

    休眠中なので、凍害とか心配しなくて済む。

    ところが、届いた河津桜を見てみたら、すでに芽吹き。(中写真)

    これが急に冷え込んだ朝、届いていたなら、凍害になっていたかもしれないと・・・。

    それより心配なのは藤の方で、付いている葉芽が開いているのに中まで茶色で・・・。(下写真矢印)

    以前、これと同じ状態の枯れた他の落葉樹を見た事があるんですけど・・・。

    ただ、一部選定してあった枝の切り口を見ると緑色なので、木そのものは生きている感じ。

    春になって、葉芽では無く台木や胴から芽が吹いたなら、「ふざけんな!」って話。

    こう言う状態を見ると、地元の植木市で買った方が確実だと思わせる。

    ところが、そう言う機会では欲しい品種が無いのが現状。

    これが本当の、買わず桜・・・、

    買えず?!

    ・・・。

    関連する記事
    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • ♬ ホタールのひかーり・・・
      店長
    • ♬ ホタールのひかーり・・・
      danny
    • 暦相応の・・・
      店長
    • 暦相応の・・・
      danny
    • 特別×特別=平凡
      店長
    • 特別×特別=平凡
      たま
    • 鶏群の一鶴
      店長
    • 鶏群の一鶴
      danny
    • 百聞は一見にしかず・・・
      店長
    • 百聞は一見にしかず・・・
      danny

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:1395 最後に更新した日:2020/04/04

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM