ハウスの七不思議

0
    草姿ストレリチアに興味を持った方が検索して「極楽鳥花植物園」に辿り着いて「病害虫」ページを見たら、こんなに付くんだと驚かれるかもしれません。

    それは違って、ページ内にも書いてありますが、一般家庭で栽培する分には殆ど心配無いんです。

    枯らさない事だけ考えるなら、凍害だけ注意していれば良い位。

    要注意なケースは、多くを一箇所で栽培した時と、ハウスで栽培した時位。

    花の様子実際に家庭で育て始めれば、「何も付かないジャン!」、で終わり。

    <それで改めて病害虫ページを見てみると、何これと言ったものもあるかもしれません。

    その一つが花茎の湾曲です。

    普通は起きないんです。

    しかし、ハウスになると話は別。

    冬から春にかけて、蒸れた時に起こる。

    それは、人が暑いと感じる以上になると曲がり始める。

    一日(一回)でも症状が出るので、気が付いた時は手遅れ。

    よって、気温が上がった日は換気が欠かせない。

    それを踏まえ、当地方は冬の冷え込みが厳しいので、晴れた日に何もしなくてもハウス内はそれほど気温は上がらない。

    二月の中旬頃までは。

    例年なら・・・。

    ところが、今年は秋がずーっと暖かくて、冬になっても冷え込みが弱かった。

    それで昨年末のある日、ハウス内を回っていたら、なんということでしょう〜。

    花茎が曲がっていた。

    それも花が地面に付くほど低く・・・。

    これは私がストレリチアを育て始めてから、最も曲がった状態。

    この株はオレンジプリンス選抜株の一つですが、今までここまで曲がった事は無かった。

    それは、どの程度かははっきりしませんが、気温が上がった事は確か。

    ただ、ハウスの窓を締め切ってからは、天窓を自動で開閉する設定しておいた。

    よって、晴れて気温が高くなれば天窓が開いている。

    それでも、花茎をここまで曲げるほど高温になったのか・・・。

    もし、花茎を過去最大に曲げるほど気温が上がったなら、他の花にも高温障害が発生しているはず。

    しかし、それは無し。

    ストレリチアは花茎を曲げ、私は首をかしげて

    ・・・。

    関連する記事
    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 餅は餅屋
      店長
    • 餅は餅屋
      danny
    • 都市伝説返上?
      店長
    • 都市伝説返上?
      danny
    • ♬ ホタールのひかーり・・・
      店長
    • ♬ ホタールのひかーり・・・
      danny
    • 暦相応の・・・
      店長
    • 暦相応の・・・
      danny
    • 特別×特別=平凡
      店長
    • 特別×特別=平凡
      たま

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:1565 最後に更新した日:2020/09/20

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM