一難去ってまた一難

0
    中期今年は暖冬傾向なので、ストレリチアをまだ屋外に置いている方も多いかもしれません。

    冬季間、最も冷え込んだ朝でも霜が降りる程度だったら、軒下へ移動させるだけでも越冬させる事が出来る。

    よって、このまま暖冬傾向で推移すれば、室内へ取り込まなくても越冬させられる地域が例年より多くなるかもしれません。

    それでも、天気予報で翌朝氷が張ると言っていたら、取り込むべきです。

    実際には冷え込まなくてもです。

    末期症状凍害は枯死させやすい原因の一つ。

    例え、助かったとしても、花を咲かせるまでに回復させるのは大変ですから・・・。

    それを踏まえ、ストレリチアの成株を趣味で数鉢育てている程度なら、害虫被害は考えなくても良い。

    例え何か付いたとしても致命傷になる事は無い。

    もし、それで枯死したならば、相当運が悪い位の話。

    それでも枯死しなくても、付くよりは、付かない方が良いものもある。

    それはナメクジ。

    花が咲く様になると、花弁を舐められるんですよね・・・。

    気が付いた時には、白っぽくなっている。

    ストレリチアの花弁は、害虫被害が無くてもたまに白っぽく変色する事があるので、それかと思って気が付かない時もある。

    後に白色箇所が拡大して、やられたのかと気付くのがいつものパターン。

    上写真がある程度被害が進んだところ。

    下写真がかなり被害が進んだところ。

    普通、ここまで来るまでには対処しますけどね・・・。

    このまま放置でも、花弁が無くなって終わり。(次の花へ移る。)

    ただ、問題は、交配している花で歩き回られると、予定していない花粉が付いてしまう可能性がある。

    よって、被害が重要な株であったり、広範囲なら何らかの対策を行った方が良い。

    規模が小さかったら、夜見回って捕殺する。

    規模が大きかったら、ナメクジ駆除剤があるので、それを散布する。

    それは値段が安い割に良く効くのでお勧め。

    今年は、ネズミがいなくて良いと思っていたら、今度はナメクジで・・・。

    暖冬傾向だから、例年より活発で被害が拡大した。

    なんとかしなければ・・・。

    関連する記事
    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 餅は餅屋
      店長
    • 餅は餅屋
      danny
    • 都市伝説返上?
      店長
    • 都市伝説返上?
      danny
    • ♬ ホタールのひかーり・・・
      店長
    • ♬ ホタールのひかーり・・・
      danny
    • 暦相応の・・・
      店長
    • 暦相応の・・・
      danny
    • 特別×特別=平凡
      店長
    • 特別×特別=平凡
      たま

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:1564 最後に更新した日:2020/09/19

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM