危機管理

0
    草姿例年より遅れていた下葉の整理ですが、昨日までにゴールドクレストも終えた。

    これで地植え株については全ての種類で終了した。

    それによってレギネーに関しては、日当たりと風通しが多少改善した。

    良い花立ちを期待するなら、花が咲き終わって時点行った方が良かった感はあった。

    ただ、花立ちの良い株は葉が込み合っていても多くの花芽を伸ばしていたので、やはり生まれ持った性質が一番重要かもしれません。

    葉の様子さて、その作業を行った中にはジャンセア選抜株もあった。

    ジャンセアの場合、葉の整理と言っても、青い葉は残し、完全に枯れた葉のみ、元から切り落とすだけ。

    よって、一条当り2〜3本切り取る程度。

    後は、咲き終えた花茎があれば引き抜く位。

    上写真は作業前の状態。

    この後作業を行って、今は綺麗な状態になっている。

    その最中、細葉系中間種似の葉が出ている事を発見した。(下写真)

    それは、2〜3条。

    これを見て、何か悪い事が起きているんじゃないかと・・・。

    以前、ジャンセアは葉を地際で切るとか、危機的状況に陥った時、葉身のある葉を出すと取り上げた。

    それは少しでも多く光合成を行って、草勢回復を狙っている感じ。

    今回の場合は、青い葉を切ったとか、他に何かしたと言う事は無い。

    また、根腐れではこの様な事は無かったと記憶している。

    普通に管理していて発生したのでどうしたものかと・・・。

    ただ、最悪、この株が枯死になってもバックアップがあるので困らない。

    数年前、この株をこの場所へ移植した時、自然に株分け状態になってしまったので、鉢上げしておいたものが数鉢ある。

    それは健全で花も咲かせているので、いつでも補植出来るのが救い。

    何処かの「桜を見る会」の様に、期限が来ると消滅するとか、復元出来なくなる性質のものではありません。

    「ストレリチアを見る会」?!はその辺はしっかりしています。

    社会一般的には普通の事ですが・・・。

    関連する記事
    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << January 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 特別×特別=平凡
      店長
    • 特別×特別=平凡
      たま
    • 鶏群の一鶴
      店長
    • 鶏群の一鶴
      danny
    • 百聞は一見にしかず・・・
      店長
    • 百聞は一見にしかず・・・
      danny
    • 目指すところ・・・
      店長
    • 目指すところ・・・
      danny
    • 常識
      店長
    • 常識
      danny

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:1318 最後に更新した日:2020/01/18

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM