続、中間報告

0
    草姿私が今、ストレリチアで一株選ぶとすると、中間種なんですよね・・・。

    それはレギネーより優良花を得やすい事と、形態的に変化があって面白いから。

    それと可能性がある。

    レギネーからはレギネーしか生まれなくて、ジャンセアでも然り・・・。

    中間種はジャンセアとレギネーの両方の特徴を持っているので、それを使って色々作り出す事が出来る。

    花立ちの様子また、結果をある程度コントロール出来る

    例えば優良花を作るなら、この花とこの花を掛ければ確率が高くなるとか。

    丸葉系を作りたかったら、詳しくは書けないんですが、ある特徴を持ったジャンセアとレギネーを掛けるとか・・・。

    それをレギネーでやろうとしても、1/数百・・・とか確率の話になってしまって・・・。

    それは狙って作った事にならない。

    ちなみに、極細葉系は想定外なんですよね・・・。

    育ててみたら、極細葉になっちゃったって感じ。

    しかし、優良花率は良い。

    そう言う意外性も面白いところ。

    それを踏まえて写真は細葉系中間種を目指した中から出た極細葉株。

    選抜した時点ではもう少し葉が大きかった気がするんですが、気が付いたら極細になっていた。

    この株の当初の目的は、黄色花中間種を作るための第一段階。

    私が最初に黄色花中間種を作ろうとした時点では、黄色花ジャンセアを持っていなかったので、遠回りをして黄色花中間種に到達した感じ。

    その後、色々分かってきて、以前より簡単に作れる道筋が見えた。

    それで、まず良い元株が一つ欲しかった。

    この株の特徴は草姿以外では、花立ちは年間一条当り二本で、仏炎苞や花首の色は比較的良い優良株。

    これは現状、親株としては十分。

    今後、これにもう一回何か黄色花系を掛ければ、優良花の黄色花中間種が以前より高確率で生まれる予定。

    以上、良い結果を期待出来ますが、一つ誤算だったのは葉が極細になった事。

    それとこの株の素性から、他種の親株としても使る可能性が広がった。

    それはある、珍しい株の・・・。

    その一回目の交配種子は今年収穫済みなので、うまく行けば数年後吉報をお届け出来るかもしれません・・・。

    関連する記事
    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 特別×特別=平凡
      店長
    • 特別×特別=平凡
      たま
    • 鶏群の一鶴
      店長
    • 鶏群の一鶴
      danny
    • 百聞は一見にしかず・・・
      店長
    • 百聞は一見にしかず・・・
      danny
    • 目指すところ・・・
      店長
    • 目指すところ・・・
      danny
    • 常識
      店長
    • 常識
      danny

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:1282 最後に更新した日:2019/12/13

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM