再発見

0
    全体の様子実はまだ葉の整理を行っている最中。

    先週末までに、主要選抜株、オレンジプリンス選抜株群(上写真)、ゴールドクレスト選抜株群の一部は終わっていて、後はその残り、同・若株群、各種鉢植えを行えば終わる予定。

    今は鉢植え中間種でも葉の整理を行っているので、結構時間が掛かる。

    それでもなんとか年内一杯には終わらせたいところ・・・。

    花の様子その様な中、オレンジプリンス選抜株群の葉の整理を行っていたら、一葉二花(株)を発見した。(下写真)

    橙色花で一葉二花以上と言えば、以前取り上げた大花で幅広花(株)が一葉三花でそれ一つだけかと思っていたんです。

    それがあったんですね・・・。

    それも最近開花を始めた若株ではなく、すでに選抜済み株だったので驚いた。

    その株の正体は、以前、当ハウスで最も良花の第一候補として取り上げた株。

    花立ちの様子それで、改めて花立ちを確認したところ、最も多い条で三本出ていた。

    今の時期その花立ちなら、今後四本目が出ても意外ではない。

    この株で良いのは花色だけかと思っていましたが、花立ちも良いのかもしれません。

    その根拠は、株が小さい事。

    この株は実生25年位。

    それで株数は、13条立ち。

    これは非常に少なく、特別優良株並。

    「分けつと花立ちは反比例」と言う、ストレリチアの第一法則から、元々花立ちが良いのではと推察します。

    初めて花を咲かせてからしばらくの間は、株の調子が良くなかったので、良く確かめられなかった。

    よって、もし、この株が最も良花で、花立ちも良ければ、特別優良株へ格上げしなければなりません。

    それで、中写真は最近の花の様子。

    かなり良い色合いです。

    一昨日取り上げた中間種のちょっと良い花とは大違い。

    一番違うのは、仏炎苞の色の深み・・・。

    それは、仏炎苞を輪切りにしても、内部まで同じ色と思わせるほど・・・。

    これ位でなければ「S1グランプリ」で優勝する事は出来ません。

    ※これは良花の一例です。

    関連する記事
    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 特別×特別=平凡
      店長
    • 特別×特別=平凡
      たま
    • 鶏群の一鶴
      店長
    • 鶏群の一鶴
      danny
    • 百聞は一見にしかず・・・
      店長
    • 百聞は一見にしかず・・・
      danny
    • 目指すところ・・・
      店長
    • 目指すところ・・・
      danny
    • 常識
      店長
    • 常識
      danny

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:1282 最後に更新した日:2019/12/13

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM