中間処分場の結末

0
    草姿少し前に、ゴールドクレスト選抜株の一つで、分けつした片側が中間種の様に葉が小さくなったと取り上げた。

    それが「あっらぁ、不思議?・・・」橙色花を咲かせた。

    それを見て、実状が分かった。

    その分けつした様に見えていたものはゴールド・・・ではなく、以前処分してマルチングとして株元に敷いていた株が根付いたもの。

    よって、中間種の様ではなく、中間種そのものだったと言う事。

    花立ちの様子もっと、驚いたのは花立ちで、一条当り三本出ていた事。(下写真矢印)

    以上の結果から素性が分かって、これは黄色花系中間種群から出た橙色花株でした。

    細葉系や極細葉系ではありません。

    多分、花色が大した事が無かったので、処分対象になったと思われます。

    それにしても、何故、花が咲くまで気付かなかったのかと言いますと、株元(茎と根の境目)の位置が、植えた株と同じだったから。

    写真右奥に見えているのが、ゴールド・・・。

    それと比べると違和感が無い。

    それでは何故こうなったか、ですが・・・、

    マルチとして利用する時は、鉢から抜いた株を、横に倒して並べている。

    それから地面に接している根が地中に伸び始めて、ある程度張ったところで根を収縮させて株を引っ張って、地中に移動し始めた。

    その後、自分の好きなところで落ち着いたとしか思えない。

    そうだとすると、この株が植わっている深さがストレリチアにとって最も適切だと言えそう。

    可能性としては、種子が落ちて育った事も考えられる。

    しかし、この場所は数年前、新たに土を運び入れて選抜株を植えたところなので、周囲の株から落ちた種子の実生だとするとその年数の割に大きすぎる。

    それでマルチングが再生したと判断します。

    今回の教訓は、不要株再利用時は、しっかり枯らして・・・と言う事。

    そうは言っても、当ハウスでは非常に珍しい事例ですが・・・。

    関連する記事
    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 特別×特別=平凡
      店長
    • 特別×特別=平凡
      たま
    • 鶏群の一鶴
      店長
    • 鶏群の一鶴
      danny
    • 百聞は一見にしかず・・・
      店長
    • 百聞は一見にしかず・・・
      danny
    • 目指すところ・・・
      店長
    • 目指すところ・・・
      danny
    • 常識
      店長
    • 常識
      danny

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:1282 最後に更新した日:2019/12/13

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM