産みの苦しみ?・・・

0
    草姿今年は秋が温かかったため、花芽の伸びが早い感じがしている。

    例年ならジャンセアは早くて年末開花だと言うのに、すでに仏炎苞が出ている株が幾つかある。

    レギネーなら一部の花立ちの良い株以外の開花は少ない時期。

    それが今年はもう咲いたんだと言った株が増えてきた。

    株元の様子本来、レギネーは今が秋のピークなので花数が多くて当然なんですが、当ハウスでは逆に違和感がある。

    その様な中、現状一本も花芽を出していない株がある。

    それは黄色花原種A株

    写真は株分け養成株の一つ。

    それで小さい。

    この株は昨シーズン交配して、この秋種子を採った。

    その影響が出ている。

    今後、遅れて出るのか、今シーズンは開花無しかはもう少し様子を見なければはっきりしない。

    この株は採種の影響が出やすいタイプ。

    もっと大株だとして、一シーズンに多く交配して多数の種子を採ったとする。

    そうすると、翌年は花立ちが極端に悪くなる。

    花は咲かせるけど、結実しないのではなく、花芽自体出さない主義。

    意思表示がはっきりしている様な・・・。

    それを見ると、種子を実らすことは、体力を消費させると思わせる。

    面白いのは、同じレギネーの黄色花原種B株の方は種子を採っても、翌年普通に花芽を伸ばす。

    多少は少なくなるかもしれませんが・・・。

    以上の事から、上記交配種のゴールドクレストでも種子を採ると翌年花立ちが悪くなる事がある。

    よって、趣味栽培で毎年花を楽しみたければ、種子を付けるべきではありません。

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 特別×特別=平凡
      店長
    • 特別×特別=平凡
      たま
    • 鶏群の一鶴
      店長
    • 鶏群の一鶴
      danny
    • 百聞は一見にしかず・・・
      店長
    • 百聞は一見にしかず・・・
      danny
    • 目指すところ・・・
      店長
    • 目指すところ・・・
      danny
    • 常識
      店長
    • 常識
      danny

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:1254 最後に更新した日:2019/11/15

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM