生る木は花から違う

0
    樹姿多くの植物が活動休止へ向かっている中、ビワの花芽が出てきた。

    今年の花芽は小さい。

    それは昨年、多くの実を付けたにも拘らず、摘果が不十分だったから。

    隔年結果傾向になった形。

    それでも、元々一枝に一〜二果しか残さないものなので、摘果無しでそれ位は生るかもしれません。

    花芽の様子この木は市販の接ぎ木苗を買ったものですが、その当時枝(芽)は一本だけだった。

    それが開花結実の度に枝分かれして、「苗木」から「木」の様になった。

    自然に樹形が整ったんですよね・・・。

    その姿は観葉植物の様。

    丁度、ゴムの木を寒さで枯らしたところなので、観葉植物の代替えとしても良いかもしれません。

    ちなみに今まで一度も剪定していません。

    以前も書いたんですけど、ビワは種を播けば容易に苗を得られますが、接ぎ木苗を買った方が良いですね。

    それは早ければ二年目から花を付ける事と、樹形の問題から。

    最初の数年は結実は少なく寂しい感じですが、枝数が増えてくればそれなりの収穫量になる。

    それは鉢植えであってもですからねぇ・・・。

    後は、どの程度の大きさで維持するか・・・。

    実を買うと高くて、完熟果は輸送で傷みやすいものは、ある程度大きく育てても良いかも。

    ただ、レモンと違うのは、収穫期が限られる事。

    そこが、ねぇ〜・・・。

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 特別×特別=平凡
      店長
    • 特別×特別=平凡
      たま
    • 鶏群の一鶴
      店長
    • 鶏群の一鶴
      danny
    • 百聞は一見にしかず・・・
      店長
    • 百聞は一見にしかず・・・
      danny
    • 目指すところ・・・
      店長
    • 目指すところ・・・
      danny
    • 常識
      店長
    • 常識
      danny

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:1254 最後に更新した日:2019/11/15

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM