孤軍奮闘

0
    草姿日本の温帯域におけるストレリチアの開花期は残り二ヶ月となりました。

    春のピークを過ぎて多くの株が花数を減らす中、増えてきた株があります。

    それは、オレンジプリンス特別優良株中型選抜です。

    この株は開花期に入って間もなく二本咲かせて、その後、通常より長い期間を空けてまた一本、二本と咲かせた程度だった。

    花の様子その間、通常より遅れて花芽も伸ばし始めて、現在はそれらが咲き始めたところ・・・。(上写真円内)

    それ以外にまだ、直立状態で伸長中の花芽もあることから、六月以降も咲いている可能性がある。

    本来、今咲き始めたものが今期の一番花ではないかと思われます。

    この現象は性質として遅咲きではなく、まだ開花のリズムが狂っていると言う事。

    数年前、完璧な根腐れ対策として、二年連続で地植えを掘り上げる(根を切る)植え替えを行った結果、完全に歯車が狂った。

    それ以降、毎年開花が不定になって、本来の開花期内に揃って咲かない状態が続いている。

    それは株が充実していない事と、草勢が十分回復していないため。

    株が充実とは、根が十分張っていない事。

    それで水分や養分を十分吸収出来ていないので、葉や花の日焼けを起こす事がある。

    それ以外には葉の伸びにばらつきがある。

    本来草姿的には、今年の4月28日の株の様になるのが普通。(草丈(葉の位置)が揃っている。)

    その結果、草勢も弱いまま。

    それで一番花でも力一杯花を咲かせた感じがしていない。

    その証拠に最近、この株で二段咲きを見た事が無い。

    それでも、細葉系中間種の交配を行えている事が凄い。

    それは花粉の採取だけですけど・・・。

    今年はすでに一回施肥済みで、後は水やりを適切に行なうので、機嫌を良くしてもらいたいところ・・・。

    根の張りは時間の問題なので、まずは草勢回復。

    結果は後から付いてくる・・・。

    関連する記事
    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 暦相応の・・・
      店長
    • 暦相応の・・・
      danny
    • 特別×特別=平凡
      店長
    • 特別×特別=平凡
      たま
    • 鶏群の一鶴
      店長
    • 鶏群の一鶴
      danny
    • 百聞は一見にしかず・・・
      店長
    • 百聞は一見にしかず・・・
      danny
    • 目指すところ・・・
      店長
    • 目指すところ・・・
      danny

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:1357 最後に更新した日:2020/02/26

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM