店長の草体性理論?!・・・

0
    草姿今シーズンの開花期が終わりに近づいた事と、気温の上昇で花色が褪せやすくなった事から、良い花を取り上げるのも終わりかと思われた。

    その後、水やりでハウス内を回っていたら良い花が咲いていた。

    写真は橙色中間種。

    正確には、黄色花中間種の中から出た橙色個体です。

    葉はこの系統では珍しく大きくなく、大体細葉系と同じ様な感じ。

    花の様子草丈はあまり大きくない割に花の大きさは小さくなく、中型以上。

    中間種は元々草体がシンプルなので、花が目立って見える。

    今年は花が二本しか付いていませんが、本来は年間一条当り二本花立ち。

    花色は明るい印象。

    それは仏炎苞上部に紅色の線が入っているから・・・。

    既存の優良系統レギネー種、及び、それらを使った中間種では濃い色合いの仏炎苞が多い中、この様な花は珍しい。

    逆に黄色花中間種の中からは明るい印象の花が出る、又は出やすいかもしれません。

    以上、この株は橙色系中間種の中で最上位かと言いますと、そうではありません。

    一つ注文を付けるとすれば、花首の色がやや甘い。

    それで総合評価は、上から二番目位・・・。

    中々一度で最高の株とはいかない様で・・・。

    以前、レギネー種で草体は小型で、花は大きく出来れば良いと取り上げました。

    しかし、草体と花のサイズは比例関係なので、相反する。

    よって、無理!!

    それなら中間種だったら、良さそう・・・。

    葉の小さい草体を目指して、花が小さ過ぎない様にすれば相対的(草体的)に花が大きく見える。

    問題はそれを受け入れてもらえるか・・・。

    関連する記事
    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 暦相応の・・・
      店長
    • 暦相応の・・・
      danny
    • 特別×特別=平凡
      店長
    • 特別×特別=平凡
      たま
    • 鶏群の一鶴
      店長
    • 鶏群の一鶴
      danny
    • 百聞は一見にしかず・・・
      店長
    • 百聞は一見にしかず・・・
      danny
    • 目指すところ・・・
      店長
    • 目指すところ・・・
      danny

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:1356 最後に更新した日:2020/02/25

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM