黄色花系は人に近づいた?・・・

0
    草姿今、ストレリチアをやっていて一番面白いのは中間種です。

    それは一般的なものではなく、黄色花系です。

    その理由は意外性・・・。

    写真は今までに度々取り上げている選抜株の一つで、黄色花ジャンセア(原種)の血の入った葉身が極細葉の個体です。

    この株にとっての意外性とは、常識外・・・。

    条の様子例えばストレリチアの草体の大きさと花の大きさの関係は、大体比例です。

    小さい個体は花も小さく、逆に大きければ花も大きい。

    それはレギネー、ジャンセア、一般的な中間種に大体共通です。

    それが黄色花系になると、今までの型にはまらない。

    中間種では片親のジャンセアの影響を受けて花は大きくなりにくい。

    花立ちの様子また、草姿がジャンセア似と言うことは、光合成に関して不利になるので、花は大きくなりにくい。

    以上の二つの条件を持ち合わせているにもかかわらず、この株には当てはまらない。

    並のレギネーより大きい。

    花立ちに関しても同じで、草姿がジャンセア似だと年間一条当り二本が精一杯なはずだったんです。今までは・・・。

    それがこの株には当てはまらない。

    続きを読む >>


    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    2425262728  
    << February 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:989 最後に更新した日:2019/02/24

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM