再利用

0
    根鉢の様子開花株の選抜と淘汰は、地植え株だけでなく鉢植え養成株も例外ではありません。

    鉢植え養成株の内訳は、実生で育ててきたものと、以前地植えにしてあったものを掘り上げて、株分けして、鉢上げしたものの二通りあります。

    どちらも主に花立ちと花色を見て、処分か残すかの判断をしていますが、今のところ地植え掘り上げ株はほとんど処分の方になっています。

    マルチングの様子2その場合、実生養成株より根が回っているため、鉢から抜くのが容易ではありません。

    それで地上部だけ切り取ってしばらく転がしておいて、用土が乾いてきてから抜いています。

    その根鉢が上写真です。

    言葉で「処分」と言うのは簡単ですが、実際のところその草体をどうするかは重要な問題です。

    マルチングの様子1燃えるゴミで出すわけにはいかず、産業廃棄物業者に出そうものなら、数万円も請求されてしまいます。

    それで現在は自分のところで処分しています。

    それは、「マルチング」です。

    選抜株を植えてある畝に敷いて、乾燥防止、雑草防止に役立てます。

    一般的な植物なら地上部がマルチング材料になるに対し、ストレリチアの場合は根鉢も含まれます。

    続きを読む >>


    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << January 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 再利用
      danny
    • 足が地に着かない・・・
      店長
    • 足が地に着かない・・・
      danny
    • 花より葉!?・・・
      店長
    • 花より葉!?・・・
      danny
    • 何もしない・・・
      店長
    • 何もしない・・・
      danny
    • 買うのは信用?!・・・
      店長
    • 買うのは信用?!・・・
      danny

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:589 最後に更新した日:2018/01/20

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM